借入とは|借り入れの意味や読み方

借入とは

 借入とは(読み方「かりいれ」「しゃくにゅう」)、お金を借りることです。 銀行から融資を受けることや消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングも借入に含まれます。クレジットカードのショッピング枠やリボ払い(リボルビング払い)でさえも、信用を元にした借り入れといえます(クレジットは信頼という意味です)。その他、住宅ローンや自動車ローン、奨学金なども借入に含まれます。借りたお金は借入金と呼び、借入金には金利(利息手数料)を上乗せして返済します。返済が遅れてしまった場合は遅延利率(延滞利率)が適用され、さらに高額な金利手数料払うことになりますので注意が必要です。返済が大幅に遅れてしまうと信用情報機関にブラックリスト登録されてしまう為、新規の借り入れ、申し込みが難しくなったり、住宅ローンなどの各種審査に影響が出ますので要注意です。

借入の読み方、借り入れの意味

借入の読み方、借り入れの意味

借入の読み方は、「かりいれ」「しゃくにゅう」などと読みます。借り入れの読み方は「かりいれ」です。借入の意味は先述の通りお金を借りることです。「借入れ」「借り入れ」など、表記は様々ありますが、どれも意味するものは一緒です。

借入とローンの違いとは

借入とローンの違いとは

借入とローンの違いは、借入とはお金を借りる行為に幅広く利用される言葉であるのに対して、ローンは住宅ローンや自動車ローン(マイカーローン)など、買うモノやサービスが決まっていて、それらを購入するために借金をすることをローンと呼ぶことが一般的です。その他にも、教育ローン、学資ローン、ブライダルローン、医療ローンなど、高額な商品やサービスの多くにはローンを利用することが出来ます。借入とローンは違うものではなく、ローンを組むという行為が借り入れの中に含まれるというイメージです。