ジャパンネット銀行カードローンの保証会社や借入金利、審査は?

ジャパンネット銀行カードローンは借入限度額が最大1,000万円という、高額融資が期待できるカードローンです。さらに、無利息サービスもあり、翌営業日に振込をしてくれるサービスもある親切なカードローンでもあります。ジャパンネット銀行カードローンの特徴やメリットについて紹介しましょう。

ジャパンネット銀行カードローンの借入金利・利息手数料

ジャパンネット銀行と言っても馴染みのない人もいるでしょう。しかし、ジャパンネット銀行は日本発のインターネット専業銀行で、FXなどをしている人にはよく知られている銀行です。ジャパンネット銀行カードローンは、無利息サービスもあるのがメリットです。

まずは、ジャパンネット銀行カードローンの借入金利について見ていきましょう。ジャパンネット銀行カードローンの借入金利は以下の通りです。

1,000万円…2.5%
900万円以上1,000万円未満…3.0%
800万円以上900万円未満…3.5%
700万円以上800万円未満…4.0%
600万円以上700万円未満…5.0%
500万円以上600万円未満…5.5%
400万円以上500万円未満…6.0%
300万円以上400万円未満…6.5%
250万円以上300万円未満…8.0%
200万円以上250万円未満…10.0%
150万円以上200万円未満…12.0%
100万円以上150万円未満…15.0%
100万円未満…18.0%

金利は変動金利なので金利情勢によって変更となることもあるので、こまめにチェックしておくといいでしょう。

・ジャパンネット銀行カードローンの無利息特約
ジャパンネット銀行カードローンには、無利息特約があります。初回借入日から30日間は利息が0円というお得なサービスです。無利息特約が利用できるのは、ネットキャッシング、クレジットライン、カードローン、借入おまとめローンの契約中で過去に1度も利用していない場合です。

ジャパンネット銀行カードローンの審査(条件や手続き方法、必要書類など)

ジャパンネット銀行カードローンの貸付条件は、他の銀行と同様、安定した収入のある人で、保証会社の保証を受けられることが条件です。また、ジャパンネット銀行に普通預金口座を持っていることが条件となります。ジャパンネット銀行カードローンの貸付条件、手続き方法、必要書類などについて、詳しくお伝えします。

▼貸付条件
利用できる条件としては、申込時の年齢は20歳以上70歳未満の方、仕事をしていて、安定した収入がある人、ジャパンネット銀行に普通預金口座を持っている方、保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方です。

専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば、申込みが可能です。また、ジャパンネット銀行に普通預金口座を持っていない場合でも、同時に申し込めば大丈夫です。

▼必要書類
申込時には以下の資料が必要になります。

・本人確認資料
運転免許証、個人番号(マイカード)、パスポート、各種保険証、住民基本台帳カード、印鑑証明書、住民票、各種年金手帳・補助資料、身体障害者手帳を含む各種福祉手帳、のいうちいずれか。

・収入証明書
<給与所得者の場合>
源泉徴収票、住民税課税決定通知書、住民税課税証明書、給与明細(最新2ヵ月分・最新1年以内の賞与明細)のいずれか1点

<個人事業者の場合>
確定申告書(税務署の受付印などがあるもの)、納税証明書(その1、その2)、住民税納税通知書、住民税課税証明書のいずれか1点

▼審査の申し込み方法
審査の申し込みはインターネットが便利です。パソコンやスマホを持っていない場合は、郵送でも可能です。申込みの流れを説明しましょう。

1. Webサイトからログインし、必要事項を記入

2. 本人確認の資料を提出
パソコンやスマートフォンから画像をアップロードし、提出します。パソコンやスマートフォンを持っていない場合は、郵送で手続きもできます。

3. 審査スタート
審査の結果はメールで通知されます。

4. 借り入れスタート
審査に通過したら、借入ができます。

ジャパンネット銀行に口座がない場合は、申込みと同時に口座を開設します。また、審査の際に、在籍確認の電話があります。カードローンに関する電話であることは分からないよう配慮してもらえますので、会社にカードローンの申請をしていることなどが分かってしまう心配は無用です。本人が在籍確認の電話に出た場合は、申込みの事実確認や簡単な質問をする場合もあります。

また、ジャパンネット銀行に口座がない場合、初めての借り入れの際には他金融機関に振り込みをしてもらえます。振込手数料もかかりません。その際の振込額は50万円までです。2回目以降の借入はログインして操作すれば、ジャパンネット銀行の口座に即時入金されます。

ジャパンネット銀行カードローンの返済方式・返済方法

ジャパンネット銀行カードローンの返済方法には2種類の方法があり、自分で都合のいい方法を選択できます。ジャパンネット銀行カードローンの返済方式や返済方法を紹介しましょう。

▼返済方式
ジャパンネット銀行カードローンの返済方式は残高スライド元利定額返済方式です。現在の借入残高に対して、月々の最低返済額が決まる方式です。そのため、借入額が少ないほど、返済額も少額ですみ、借入が増えるほど、返済額も大きくなります。

ジャパンネット銀行カードローンでは、以下の2種類の返済方法を選択できるのが特徴です。

・残高スライド元利定額返済方式(A)
返済額が少なく、無理なく返済できるのがメリットです。約定返済日前日の最終借入残高に対する約定返済額(元本+利息の合計)は以下の通りです。

10万円以下…3,000円
10万円以上30万円以下…6,000円
30万円以上50万円以下…10,000円
50万円以上80万円以下…15,000円
80万円以上100万円以下…20,000円
100万円以上150万円以下…25,000円
150万円以上200万円以下…30,000円
200万円以上250万円以下…35,000円
250万円以上300万円以下…40,000円
300万円以上400万円以下…45,000円
400万円以上500万円以下…50,000円
500万円以上600万円以下…55,000円
600万円以上700万円以下…60,000円
700万円以上800万円以下…70,000円
800万円以上900万円以下…75,000円
900万円以上1,000万円以下…80,000円

・残高スライド元利定額返済方式(B)
返済額が多く、短期間で返済できるのがメリットです。約定返済日前日の最終借入残高に対する約定返済額(元本+利息の合計)は以下の通りです。

50万円以下…10,000円
50間年以上100万円以下…20,000円
100万円以上200万円以下…30,000円
200万円以上300万円以下…50,000円
300万円以上400万円以下…60,000円
400万円以上500万円以下…70,000円
500万円以上600万円以下…80,000円
600万円以上700万円以下…90,000円
700万円以上800万円以下…100,000円
800万円以上900万円以下…110,000円
900万円以上1,000万円以下…120,000円

▼返済方法
ジャパンネット銀行カードローンの返済は、普通預金口座からの自動引き落としです。約定返済日は毎月1~28日、月末のいずれかを選択できます。返済日は事前にメールで連絡してくれる機能もあるので、口座への入金を忘れやすい人は利用するといいでしょう。

約定返済を延滞すると追加の借り入れができず、元本に対して遅延損害金もかかりますので注意が必要です。

また、追加の返済をすることも可能です。一部でも全額でも返済できます。全額返済は利息も含めて完済することも可能です。方法はログインし、追加返済画面で手続きをすれば、ジャパンネット銀行の普通預金口座から引き落としされます。余裕のあるときには、少額ずつでも返済することで、利息を抑えることができるのでおすすめです。画面では、全額返済シミュレーションもできるので、その日以降の返済金額を確認し、返済計画を立てるのもいいでしょう。

その他

ジャパンネット銀行カードローンには、30日間無利息サービスなどのお得なメリットや、約定返済日のスキップ機能など、便利な機能があります。それぞれの特徴的なサービスやメリットを紹介しましょう。

・初回キャッシング30日間無利息のメリット
ジャパンネット銀行カードローンでは、初めてキャッシングを利用する人に限り、借りた日から30日間に発生する利息が無料となります。30日以内であれば、何回借り入れをしても、30日以内に返済すれば利息がかからないということです。ただし、返済日を守らないと、利息を払わなければならないので注意しましょう。

・ネットキャッシングなのでいつでも簡単に借入可能
Webでスマホやパソコンを操作するだけで、曜日や時間に関係なく、手数料も気にせずに、普通預金に入金してもらうことができます。「残高確認アプリ」でログインし借り入れ画面から操作をするだけです。ログインに時間がかからない点は大きな魅力の一つと言えます。また、「残高確認アプリ」は口座残高や最新明細を簡単に確認できるので、ダウンロードをしておくと便利でしょう。

「残高確認アプリ」を使用しなくても、ホームページからの手続きも可能です。ホームページからログインし借入金額を入力すれば普通預金に即入金されます。

・約定返済日のスキップ機能
約定返済日を1ヵ月スキップできる機能です。初回借入の場合や借入残高0円で借入を再開する場合は、借入日を含む20以内にくる約定返済日がスキップされ、ログイン後約定返済日を変更する場合は、変更日を含む10日以内にくる約定返済日がスキップされます。

また、返済金額を入金し延滞を解消した場合は、延滞解消日を含む10日以内の約定返済日はスキップされます。支払いが困難な場合などに便利な機能です。ただし、その分返済が遅れることを念頭に置いておきましょう。

・残高不足サポート機能
普通預金口座が残高不足の場合、公共料金などの引き落としや、Visaデビットの利用、提携ATMでの引き出しの際に、不足金額を自動で借り入れできるサービスです。ログインして設定をしておけば利用可能です。適用範囲も自分で選択できます。

まとめ文
ジャパンネット銀行カードローンのメリットの一つは、Web上で手続きができ、借入も必要なときにいつでもどこでも手続きができることです。返済方法も少額で無理なく返済できる方法と、多く返済して短期間で返済できる方法を選択できるのも便利でしょう。さらに、約定返済日選択の幅が広く、自分のライフスタイルに合わせやすいのもメリットです。借りやすく、返済しやすいので、カードローンを上手に使いこなすことができるでしょう。

最短1時間