ジャパンネット銀行の借入とは|審査や利息、口コミを徹底的におさらい

ジャパンネット銀行は店舗を持たないネット銀行ですから、全ての手続きをインターネットを通じてパソコンやスマートフォン、またタブレット端末を使用して取引を行います。ジャパンネット銀行の借入はネット借入になります。利用にはジャパンネット銀行の口座が必要となります。口座を持っていない場合は、申込時に口座も作ることになります。

ネット銀行であっても、銀行のカードローンになりますから、総量規制は適用されないので借入限度額を高めに設定することができます。業界最大の1000万円までが可能となっています。また、限度額が大きければ、金利は低くなっているのですが、限度額が低い場合は、銀行系では高めの金利となっています。

金利・利息手数料

ジャパンネット銀行の場合、金利は他行に比べると幅が広くなっています。2.5%から18.0%となっています。限度額が最大の1000万円であれば、2.5%、900万円以上であれば、3.0%、800万円以上であれば3.5%、700万円以上であれば4.0%、600万円以上であれば5.0%、500万円以上であれば5.5%、400万円以上であれば6.0%、300万円以上であれば6.5%、250万円以上であれば8.0%、200万円以上であれば10.0%、150万円以上であれば12.0%、100万円以上であれば15.0 %、100万円未満であれば18.0%になります。

また、初回の借り入れであれば、30日間は無利息になるサービスがあります。

融資までのスピード

基本的に申し込みはネットで行います。ジャパンネット銀行に口座がある場合は、最短で60分で融資が受けられるようになります。審査結果はメールで届きますので、その後、利用可能になります。

ジャパンネット銀行に口座がない場合も、申し込みはネットで行いますが、平日の14時までの申し込みであれば、審査結果はその日のうちにメールで届きます。その後キャッシュカード等を受け取って初期設定を行えばカードが使用できるようになります。ですが、初回の借り入れに限っては、指定した金融機関への振り込みが可能なので、最短で翌日に融資を受けられるようになっています。

審査

申し込みを行うには4つの条件を満たしている必要があります。まず、年齢が20歳以上70歳未満であること。次に、仕事をしていて、その収入が安定していること。ジャパンネット銀行に口座を持っていることも条件となっていますが、申込時に口座を開設できるので、これは問題ないでしょう。また、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられることも条件となります。

この保証を受けることによって、担保や保証人を用意する必要はありません。専業主婦のように、自身に収入ない場合、配偶者に安定した収入があれば申し込みは可能です。ただし、この場合は女性に限られます。

必要な書類は本人ご確認として運転免許証や保険証が必要になります。これは、専用のアプリを使用して写真撮影をして送信することになります。

返済方式

返済方法は、残高スライド元利定額返済方式となっていますが、AとBが用意されています。Aの場合は、返済額が少なめになっているので、余裕を持った返済が可能となります。その分、返済期間は長くなってしまいます。Bの場合は、返済額が多めになっており、短期間での返済が可能になります。

返済日は、1日~28日、また、月末のいずれかから選んで設定します。一般的な借入では、返済日が土曜、日曜、祝日等の休日である場合、翌営業日となりますが、ジャパンネット銀行ではその当日が返済日となります。
返済額は、残高スライド方式ですから、返済日前日の残高をもとに、AかBで決まります。

メリット、こんな方にオススメ

初回の借り入れに限りますが、30日間無利息のサービスがあるので、短期間だけ借りたい場合ににはオススメです。限度額が業界最高水準であることもメリットとなります。ジャパンネット銀行に口座があれば、即日融資を受けられるので、緊急に必要で、口座を持っている方にもオススメです。