三菱UFJ銀行(バンクイック)の借入とは|テレビ窓口でサクッと手続き!

「バンクイック」は三菱UFJ銀行のカードローンで実質年率1.8%~14.6%で利用できる低金利が魅力です。三菱UFJ銀行は、三井住友銀行や大手銀行だからこその安心感もあり大変人気があります。

プロミスやSMBCモビットなどの消費者金融のように即日融資というのは難しいですが、それでもテレビ窓口でカード受け取りした翌営業日には利用可能なスピード感が魅力です。銀行カードローンの中ではかなりスピーディに借入ができ、なおかつ銀行ならではの安心感や低金利というメリットが享受できるため、「バンクイックは銀行と消費者金融のいいとこどりをしたようなサービスです。

20~65歳の国内に住んでいる個人で、アコムの保証を受けることができ、安定収入があれば利用可能です(専業主婦は安定収入がないので難しいかもしれません)。

  1. 三菱UFJ銀行「バンクイック」の強みはテレビ窓口!
  2. 三菱UFJ銀行「バンクイック」のテレビ窓口で必要な持ち物は?
  3. 三菱UFJ銀行「バンクイック」のテレビ窓口の設置場所は?
  4. バンクイックの審査通過後は会員ページを活用しよう
  5. 三菱UFJ銀行のクレジットカードで借入する場合
  6. 三菱UFJ銀行クレジットカードの金利・利息手数料
  7. 三菱UFJ銀行クレジットカードの融資までのスピード
  8. 三菱UFJ銀行クレジットカードの審査
  9. 三菱UFJ銀行クレジットカードの返済方式
  10. 三菱UFJ銀行のクレジットカードで借入するメリット、こんな方にオススメ

三菱UFJ銀行「バンクイック」の強みはテレビ窓口!

バンクイックのテレビ窓口はインターネットでの事前の申込みがなくても、その場で中の人(オペレーター)とやり取りをして、手続きが完結します。聞かれたことには正確に記入(入力)しましょう。

そして審査結果が通知され、無事審査を通過したら、その場でカード発行して受け取りまで可能です。カードの受け取りの翌営業日にはカードの利用が可能ですので、借入までのスピード感が魅力です。平日15時以降、土日・祝日もOKです。

(落ちた場合には借入できません。)

その後は、コンビニのATMコーナーや三菱UFJ銀行の支店で借入や返済ができ、とても便利です。

自宅の住所にカードが郵送されることはないので、家族などに借入がバレてしまう心配もありません。

ただし、在籍確認として勤務先の会社に電話がかかってくる可能性はありますので、心の準備はしておきましょう。

三菱UFJ銀行「バンクイック」のテレビ窓口で必要な持ち物は?

持ち物は本人確認書類(身分証明書)で、事前に運転免許証を準備しておけば大丈夫です。

普通預金の口座がなくても申し込みは可能ですし、申込の際に口座開設する必要もないので、三菱UFJ銀行ユーザー以外も利用可能で大変おすすめです。

三菱UFJ銀行「バンクイック」のテレビ窓口の設置場所は?

テレビ窓口の設置場所は29都道府県にあり、総設置台数は630件(2019年1月末時点)ですので、都市部にお住まいの方であれば、基本的にはアクセスしやすい場所にあるといっていいでしょう。

テレビ窓口まで行くのが面倒ですとか、近くにテレビ窓口がない場合は、アプリなどを使って手続きをすれば、たいした手間もなくスムーズな利用が可能でとても便利です。

バンクイックの審査通過後は会員ページを活用しよう

申込の受付が終わり、審査に通過したら会員サイトも利用してみましょう。

後日、専用の会員ページにログインすると、残高照会や利用状況の明細が見られるので、使いすぎないように注意ができます。

利用内容を見てしっかりとした返済計画を立て、返済が終了するまで、希望を持って頑張りましょう。できる限り最初の返済計画を変更することなく、スムーズに返済できるのがベストです。

三菱UFJ銀行のクレジットカードで借入する場合

ここからはバンクイックではなく、クレジットカードを使った借入についてご紹介します。

三菱UFJ銀行の借入には3種類の利用形態があります。国内・海外借入、これはキャッシュアドバンスとも呼ばれます。それに加えてWEBによる借入があります。WEBによるものは即時振り込みサービスとも呼ばれます。

これらのサービスを利用するにはクレジットカードの契約が必要となります。ICクレジットカード、もしくはスーパーICカードになります。ICクレジットカードはもちろんクレジットカードですが、本来の機能に加えて銀行ならではのサービスが付加されています。スーパーICカードはゴールドカードとキャッシュカードが1枚になったものになります。

国内、国外の借入についてはいずれのカードでも利用できますが、WEBの場合はスーパーICカードのみが利用可能となっています。

三菱UFJ銀行クレジットカードの金利・利息手数料

金利はカードの種類によって異なります。ICクレジットカードでの借入の場合、年率14.5%となっています。スーパーICカードの場合は、年率9%となっています。この金利は金融情勢の変化によって見直されることもあります。

他行に見られるような、利用限度額によって金利が異なるといったものはなく、金利はカードの種類ごとで決まっています。

三菱UFJ銀行クレジットカードの融資までのスピード

借入にはカードが必要になりますから、既に三菱UFJ銀行のICクレジットカード、またはスーパーICカードをお持ちであれば、すぐにでも利用ができるようになります。また、これらのカードを持っていなければ、申し込みを行い、審査を経てカードが送られてきます。この期間が約3週間となっています。

三菱UFJ銀行クレジットカードの審査

申し込みが可能な条件としては、まず、満20歳以上で安定した収入があることが条件となります。また、学生の場合はゴールドカードへの申し込みはできなくなっています。また、普通預金口座を引き落としに指定できる必要があるので、口座を持っている必要もあります。

基本としてはクレジットカードによる借入ですし、引き落とし用の口座が必要なので、特にこれといった書類は必要ありません。本人ご確認がとれれば問題ないでしょう。その分、限度額もそれほど高くないです。

三菱UFJ銀行クレジットカードの返済方式

返済方法は、一括払いかリボルビング払いが選択できます。海外借入の場合は、一括払いのみとなっています。ただし、支払い方法で事前登録(リボ)コースが設定されている場合は、サービス利用時に一括払いを指定しても、リボルビング払いとなってしまいます。また、事前登録(リボ)コースを設定していると、海外であれば、リボルビング払いが可能となります。

リボルビング払いの場合、毎月の定額の引き落とし以外にもATMから一部を返済することも可能です。また、全額を一括返済することも可能になっています。

関連|借入の一般的な返済方法

三菱UFJ銀行のクレジットカードで借入するメリット、こんな方にオススメ

クレジットカードや借入の利用頻度も高く、キャッシュカードでの現金の引き出しも多い方であれば、大きなメリットがあります。というのも、借入だけでなく、クレジットカードの利用実績があれば、ATMの利用手数料が無料になるという点です。これは提携先のコンビニATMでも期間中3回という制限はつきますが、無料になります。

一般にATMの利用には曜日や時間によって手数料がかかってしまいます。預金利息を考えると、利用回数が多くなるほどこの手数料はかなりの負担となってしまいます。それが無料になるのです。

また、ゴールドカードになると、海外旅行保険・国内旅行傷害保険が付帯しているので、旅行の際にもしものときに便利です。空港島ではラウンジサービスも利用いただけるようになります。ただし、ゴールドカードの場合、年会費が本人分が10800円、家族会員分が2人目以降は一人当たり1620円必要になります。ですが、年間の利用料金が100万円を超えるようであれば、翌年の手数料は無料になります。

関連|クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

関連|クレジットカードの借入とカードローンは何が違うの?