UFJカードの借入とは|金利や限度額、返済方式

日本の三大メガバンクの一つである三菱UFJ銀行には、三菱東京UFJ-VISAカードや、大手信販会社のニコスとDCで共同発行しているMUFGカードがあります。

超大手メガバンクや信販会社のカードとなると、他のクレジットカードとは安心感や信頼感が違ってきます。持っているだけでステータスを感じることもできる、クレジットカードの一枚でもあります。

三菱東京UFJ-VISAカードは三菱UFJ銀行が独自に発行しており、MUFGカードは三菱UFJファイナンシャルグループである三菱UFJニコスが発行しています。

三菱東京UFJ-VISAカードで一番グレードの低いカードの場合、審査基準は満20歳以上の方で、安定収入のある方、または学生となっています。三菱東京UFJの所定の審査を通らないと、カードを発行してもらえることができません。

一方、MUFGカードの場合、18歳以上の安定収入のある方、または18歳以上で学生の方となっています。未成年の場合、親の同意が必要になってくるため、勝手に申し込みをすることはできないようです。

金利・利息手数料

三菱UFJ銀行では借入いただけるクレジットカードと、カードローンが利用いただけるローンカードの両方を利用して、お金の借り入れをすることができますが、どちらの金利も14.95%から17.95%となっています。

一般的なクレジットカードの場合、借入額が高ければ高いほど、金利は低くなり、借入額が低いほど、金利は高くなります。MUFGカードも借入の場合は、それほど高額な借り入れをすることはありませんので、金利は上限になると考えておいたほうが良いでしょう。

関連|クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

関連|クレジットカードの借入とカードローンは何が違うの?

融資可能額

MUFGカードの利用融資可能額は、社会人か学生かによって異なります。社会人の場合、10万円から100万円となりますが、学生の方は10万円までとなります。カードローンを利用する場合、審査基準によって、上限額を決められますので、もう少し利用可能枠を増やすことができるかもしれません。

関連|クレジットカードの借入枠利用の審査は何を見てるの?

返済方式・プラン

国内でMUFGカードの借入を利用いただいた場合、基本的に翌月一括払いで支払いをすることになります。しかし、インターネットや電話から、リボルビング払いに変更することも可能ですので、返済が厳しい場合は利用してみましょう。

申込時から返済方法をリボルビング払いに設定しておくと、毎回のお買い物のたびに、リボルビング払いに変更しなくて済みます。

ポイントなどの特典やメリット

MUFGカードは初年度の年会費は無料となっていますが、前年度に年間10万円以上利用していると、翌年の年会費も無料になる、優待制度があります。

また、ショッピングをクレジットで利用いただいた場合、1000円ごとに4ポイント加算されていき、1ポイント1円として換算されます。貯まったポイントは、年に一度自動的にキャッシュバックされるため、無理やりショッピングで利用しなくてはいけないといった心配もありません。

携帯料金の支払いをMUFGカードで支払いをした場合、ポイント加算はいつもの二倍になります。また、入会後の3カ月間も、ポイントが通常の二倍加算されます。

こんな方にオススメ

MUFGカードは大手メガバンクが発行しているクレジットカードのため、初めて海外旅行にいくときや、初めてクレジットカードを保有するときに選ばれています。

特に海外旅行にいった際に、急にキャッシュが必要になることは少なくありません。海外で借入をした場合、利息だけでなく、手数料まで必要となってしまうため、できれば利用は避けたいものです。

しかし、MUFGカードの場合、海外で利用するときでも、手数料が必要ありませんのでオススメです。国内や海外で外貨に換金する手数料よりも、MUFGカードの借入をするほうが割安になることも考えられます。