セディナカードの借入とは|金利や限度額、返済方式

セディナカードは2009年に、流通系クレジットのオーエムシーカード、信販系クレジットのセントラルファイナンスとクオークが合併し、新たに開始したクレジットサービスとなります。

三井ファイナンシャルグループ会社であることから、信頼性の高いクレジットカードではないでしょうか。国内旅行や海外旅行に行った際の傷害保険が付帯サービスで用意されており、最高1000万円まで保障してもらえることができます。

インターネット上には、ポイントが優待されるセディナのポイントモールサイトも設置されており、ネットショッピングをするとポイントが加算されていきます。セディナカードを利用してネットショッピングをした場合、もし商品に破損等があったときでも、ショッピング保険でMAX50万円まで補償してもらえます。

セディナカードのサービスとして、いろいろな種類の保険を付帯することができます。カードを紛失してしまった際や、盗難にあってしまったときには、すぐにカード会社に連絡をいれることで、過去60日分の損害補償を行ってくれます。

また、クレジットカードを利用して購入した商品が、盗難にあったり、破損してしまった場合、最高50万円まで補償をしてくれます。180日間の保証期間がついていますので、もしものときにも安心して利用することができます。

関連|クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

関連|クレジットカードの借入とカードローンは何が違うの?

金利・利息手数料

セディナカードの金利は、利息の実質年率上限が18%となっており、一般的なクレジットカードと金利はあまり変わりません。新規加入時には、それほど高額な利用可能枠を設定できないため、入会当初の金利は、上限金利だと考えていたほうが良いでしょう。

融資可能額

セディナカードはクレジット機能だけでなく、借入機能も付随されているため、急な出費に困ってしまったときなどに、手軽にお金を借り入れすることができます。融資可能額は新規入会時だと上限が50万円とされていますが、利用履歴や利用実績により、増額されることもあります。最大で200万円まで借り入れをすることができます。

関連|クレジットカードの借入枠利用の審査は何を見てるの?

返済方式・プラン

セディナカードの返済方法は、他社のクレジットカードと同じように、一括払いとリボルビング払いのどちらかを選ぶことができます。

リボルビング払いは残高スライド定額となっているため、毎月決まった金額を返済することになります。カードで借入をすることが多い場合、返済金額の変動が少ないリボルビング払いにしておいたほうが良いでしょう。

ポイントなどの特典やメリット

セディナカードには、利用金額200円ごとに1ポイント加算される「わくわくポイント」というサービスも実施されています。ポイントはセブン&アイグループで利用いただけるナナコポイントや、商品券などにも交換することができます。

セディナカードはイオングループとセブン&アイグループ加盟店で利用することができるだけでなく、ポイントの付与が3倍にもなっています。また、Amazonや楽天市場などといったネットショッピングでお買い物する際は、最大20倍ものポイントが付与されるセディナポイントモールを利用するのがお得です。

こんな方にオススメ

セディナカードにはさまざまなグレードのカードが用意されていますが、一般的なセディナカードクラシックの場合だと年会費が必要になります。しかし、セディナカード Jiyu!da!の場合、年会費は無料になります。

どちらのカードも、ダイエーやイオングループなどの加盟店で利用する場合、ポイントが3倍となるため、加盟店の利用頻度が高い方におススメのカードと言えます。セディナカードは旅行やイベントなどのチケット購入サービスも行っており、ホームページ上の割引クーポンなどを利用することで、旅行の割引を適用されます。

また、レンタカーや宿泊施設、レジャー施設などの優待プランやクーポンも発行されているので、お出かけの多い家族連れにおススメです。